読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へもろぐ

へもへも備忘録

Java女子部に対する、オバさんの思い。

もう1か月も前のことですが…JJUG CCCで、Java女子部のメンバーがスピーカーをしました。

JJUG CCC 2014 Fall(11月15日開催) | 日本Javaユーザーグループ

内容は、日ごろの女子部活動についての報告で、どんな人が参加しているのかを、女子部以外の人に見てもらう機会として、とても重要だったと思います。

 

世の中、技術コミュニティは、「どの技術でも当たり前に有る」状態になっています。

参加している人たちは、その技術が「好きだから」「面白いから」参加してる。その技術を発展させていくため、世に広く知らしめるため、参加している。

技術コミュニティとは、そういうものだと、私もずっと思ってきました。

 

だから、Java女子部設立の話が出たときにも、「Java大好きで、技術バリバリな、ギーク女子の集まりを作りたいんだろうな」と、最初はそう思いました。

 

でも、設立を考えているメンバーから出た言葉は、

Java使ってる女性エンジニアって、好きで使ってるとは限らないよね?使わなきゃ仕事にならないけど、誰にもちゃんと教えてもらえてなくって、なんとなーく使ってる人、多いと思うの…」

…そうかも!! と、そのとき思った。

 

SIのお仕事に関わると、

プログラミング言語Java

というところが、かなりあります。

 

自分もそういうところで働きながら、

現場がJavaだから、なんとなくJava使ってるうちに好きになってきたかも?

っていう感じだったかも。

 

最初にJava使ったとき、すごーく細かいところをよく知ってるJavaエンジニアと話が噛み合わなくて、

「こんなことも知らないの?分かってるとか使えるとかいうレベルじゃないよ…」と呆れられたことも多く、

でも、ぜんぜん教えてくれないから、いつも途方に暮れて、

英語ぜんぜん読めないのに英語の技術本開いて、調べて勉強して。

仕事終わると、絶望的な気持ちで夜道を帰ったなぁ…

なんて、回顧しました。

 

今日も…今も…

きっと、あの頃の私と同じように、

PCに向かって「あぁ、どうしたらいいんだろう」と

途方に暮れている女子が居るような気がする。

 

そう思ったから、運営のお手伝いしてもいいと。

コミュニティがやることの方向性が、途方に暮れてる女子に向かうのなら、その女子の気持ちがいちばんわかるのは、同じ経験をした「かつての女子」だと思ったんです。

 

かつての女子…は、時を経て、ずうずうしいオバさんになり、今は多少のことがあっても、「えー?教えてくれれば、ちゃんとやれたと思いますよぉ?」と文句言いながらも情報を集められるようになってますしwww

 

今なら、途方に暮れる女子に、なんとか助けの手を差し出せるように思った!

Java女子部、がんばろうと思った♪

 

それから10か月ほど…JJUG CCC fallで発表したのは、

ギークではない、ふつーの…でも、多くの現場にいるような…女子たちでした。

 

その中のひとりが言ってくれた「よし、Javaやっぱりがんばろう」の一言で、やっぱりコミュニティ作ってよかった!と思っています。

 

夕べは、Java女子部の忘年会でした。

内々の軽い飲み会なので、来れる人だけ来たらいいよ♪

そいういう感じで、そんなに人数いなかったけど、集まってみて、

今まで時間が合わなくて勉強会には参加できなかったけど、今日は会社の近くだったし…みたいな感じで、参加してくれる人も居て、ワイワイできて、楽しかった~♪

仕事どんなのしてるの?みたいな話、「ふつーのJava女子」としての仕事の悩みや葛藤。

そういうのを、お互いに「うんうん、ウチもだよ」「わー、そりゃつらいわ」みたいに、同じ職業を持つ者同士、共有しあっている時間が、とても楽しかったです。

 

そういうコミュニティで居続けたいと思いました。

 

まだまだ紆余曲折なJava女子部ですが、

来年は、もっともっと若手主体のイベントも開催できそうで、楽しみな状態に成長していると思っています。

おばさんは、ちょっと陰に回って、邪魔にならない程度にお手伝いを続けていきたいと思っている…のです。

 

Java女子部

Java女子部 | Doorkeeper

Facebook

Java女子部のあゆみ2014