読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へもろぐ

へもへも備忘録

いよいよ本気出すよ!と思って、CHIRIMEN Boardのハンズオンでファーム書き換えてきた

前々から、CHIRIMEN Boardの人々にお声がけいただいて参加してきたのですが、今年のMFTでやっと実物を購入できたので、そのそろ本気ださねばーーー!と思っていたところに、ハンズオンイベントが…

chirimen-oh.connpass.com…渡りに船w

 

で、今回は、最新のファーム書き込みしてから、アプリ&電子工作です。

 

まずは、ファームをやっつけます。

CHIRIMENサイトの以下URLにある「クイックスタート」の「イメージアップデート編」がCHIRIMEN Boardへファームウェアを書き込む方法です。

https://chirimen.org/docs/ja/quickStart.html

Windowsの場合には、きちんと手順があるんですが、Macは…まだいろいろ不安定な手順があるらしく…残念です…(そのへんの情報は、教えてもらった方法をあとで書けそうな気がします…気がするレベルですがw)

私は、Windowsでやってみましたが、書いてある手順通りで大丈夫でした。

f:id:sh1k1ya:20160917170123j:plain

ただ、電源入れるときに完全に電源切れている状態で「Recover Mode」ボタンを押しながら電源を入れるのが爪長女子には難しかった!このボタンがちゃんと押せないと、ドライバマネージャに表示されないので要注意です。あと…HDMIのケーブルからも微妙に給電されちゃうようなので…Recover Modeのボタン押すために完全に電源OFFした状態にするのには、HDMIに繋いでいない状態にする必要があると気付かなくて”電源切れてないお?”って困ったので、そこは注意です。

 

ちょうど発売になったばっかりのSoftware DesignにCHIRIMENの記事(赤塚さんが書いた~♪)が掲載されているということで、山積み(そんなに山積みでもないw)

f:id:sh1k1ya:20160917171333j:plain

 

次は、プログラムと電子工作ですが…

まずはサンプルを…ということで、Fabbleに置いてあるサンプルを動かしてみました。

これも、動作実績のあるソースと部品なので、特に問題無く。

 

参加した人の何人かが「音、出す!」と言い出して、ちょっとチャレンジしてみたのですが、今回はうまくいきませんでした。

ボードのほうには、ARIN / ALIN / AROUT / ALOUT / AGND…とあったので、あれ?オーディオアウトできる?!と期待したのですが、実装されていないということで…残念…

今日は出来なかったのですが、カラーセンサーが利用できるようなので、近いうちにカラーセンサーで何か作りたいー!